契約プランについてのアイコンを追加しました

市場スケジュール

スケジュール
1
新車販売台数
新車販売台数
4月 1 全日
新車販売台数
    3月の新車販売台数が14:00に発表されます その数字は自動車関連株に影響を与える可能性があります https://4hp.jp/newcar-sale
軽自動車新車販売台数
軽自動車新車販売台数
4月 1 全日
軽自動車新車販売台数
    3月の軽自動車新車販売台数が14:00に発表されます この数字は自動車関連株に影響を及ぼす可能性があります https://4hp.jp/new-small-car-sales
2
マネタリーベース
マネタリーベース
4月 2 全日
マネタリーベース
      3月のマネタリーベースが8:50に発表されます https://4hp.jp/monetary-base
3
4
5
家計調査
家計調査
4月 5 全日
2月の家計調査の数字が8:30に発表されます https://4hp.jp/kakeichousa
景気動向指数
景気動向指数
4月 5 全日
景気動向指数
2月の景気動向指数が14:00に発表されます       https://4hp.jp/keiki-doukou-shisuu
毎月勤労統計調査
毎月勤労統計調査
4月 5 全日
2月の毎月勤労統計調査が9:00に発表になります 日本の景気動向・雇用動向を知るうえで重要な経済指標の一つです。 https://4hp.jp/monthly-labour-survey 毎月勤労統計調査は、雇用、給与及び労働時間について、全国調査にあってはその全国的の変動を毎月明らかにすることを、地方調査にあってはその都道府県別の変動を毎月明らかにすることを目的とした調査です。 引用:厚生労働省「毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査):調査の概要」
6
7
8
地域経済報告(さくらレポート)
地域経済報告(さくらレポート)
4月 8 全日
地域経済報告(さくらレポート)
地域経済報告(さくらレポート)が発表されます       https://4hp.jp/sakura-report
景気ウォッチャー調査
景気ウォッチャー調査
4月 8 全日
景気ウォッチャー調査
3月の景気ウォッチャー調査の数字が発表されます       https://4hp.jp/keiki-watcher
消費動向調査
消費動向調査
4月 8 全日
消費動向調査
3月の消費動向調査が14:00に発表になります       https://4hp.jp/shouhi-doukou
経常収支
経常収支
4月 8 全日
2月の経常収支が8:50に発表されます 経常収支とは、国の国際収支を表す基準のひとつで、経常勘定ともいいます。貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移転収支の4つから構成されます。 貿易収支はモノの輸入と輸出の差額、サービス収支は外国とのサービス取引の収支、所得収支は対外直接投資や証券投資の収益、経常移転収支は政府開発援助(ODA)のうち医薬品などの現物援助を表します。 日本の経常収支は2011年度以降、貿易収支の赤字拡大を背景に減少傾向が続き、2016年12月の経常黒字額は1兆1,122億円(速報値)で、30カ月連続の黒字となりました。2016年の年間黒字額は20兆6,496億円(速報値)と、過去2番目の規模となっています。経常収支は毎月、財務省が「国際収支統計」で発表しています。 引用:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集「経常収支」
9
企業物価指数
企業物価指数
4月 10 全日
3月の企業物価指数が8:50に発表されます 企業間で取引される商品の価格を反映した物価指数で、従来の卸売物価指数に相当。2003年1月発表の00年基準の指数から採用され、日本銀行がラスパイレス方式で算出し公表する。公表日は、速報値が翌月の第8営業日で、確報値は翌々月の同日。国内企業物価指数(910品目)、輸出物価指数(222品目)、輸入物価指数(293品目)から成る。基準改定は5年ごと。また、携帯電話、電子計算機、集積回路など価格変動の激しい商品に対応し、毎年ウエートを更新する「連鎖方式による国内企業物価指数(連鎖指数)」も参考指数として公表される 引用:コトバンク「企業物価指数」
工作機械受注額
工作機械受注額
4月 10 全日
3月工作機械受注額が15:00に発表されます 工作機械受注額(こうさくきかいじゅちゅうがく)とは、日本工作機械工業会が速報値を翌月初旬15時以降、確報値を翌月の下旬に発表する、工作機械の受注動向を示す指標のことです。工作機械はマザーマシンとも呼ばれ、自動車の製造工程や家電の製造工程などで使われます。 引用:株初心者のための株式投資と相場分析方法「工作機械受注額」
機械受注
機械受注
4月 10 全日
2月の機械受注が8:50に発表されます 機械受注統計調査は、機械製造業者の受注する設備用機械類の受注状況を調査し、設備投資動向を早期に把握して、経済動向分析するための基礎資料です。 引用:内閣府「機械受注統計調査報告」
マネーストック
マネーストック
4月 11 全日
3月のマネーストックが8:50に発表されます マネーストックとは、「金融部門から経済全体に供給されている通貨の総量」のことです。具体的には、一般法人、個人、地方公共団体などの通貨保有主体(金融機関・中央政府を除いた経済主体)が保有する通貨(現金通貨や預金通貨など)の残高を集計しています。 引用:日本銀行「「マネーストック」とは何ですか?」
東京都心オフィス空室率
東京都心オフィス空室率
4月 11 全日
3月の都心オフィス空室率が11:00に発表されます
オプションSQ
オプションSQ
4月 12 全日
オプションSQ
        https://4hp.jp/sq
第3次産業活動指数
第3次産業活動指数
4月 16 全日
2月の第3次産業活動指数が13:30に発表されます 第3次産業活動指数(だいさんじさんぎょうかつどうしすう、英語: Indices of Tertiary Industry Activity)とは、日本における第3次産業の活動を指数化し、産業全体としての動向がどのようになっているかを把握するための経済指標。作成・公表は経済産業省。 引用:ウィキペディア「第3次産業活動指数」
貿易統計
貿易統計
4月 17 全日
3月の貿易統計が8:50に発表されます 貿易統計とは、関税法の規定に基づき、日本から外国への輸出及び外国から日本への輸入について、税関に提出された輸出入の申告を集計し、定期的に公表しているものです。 引用:財務省貿易統計
首都圏マンション発売
首都圏マンション発売
4月 17 全日
3月の首都圏マンション発売数が13:00に発表されます
消費者物価指数
消費者物価指数
4月 19 全日
3月の消費者物価指数が8:30に発表されます 消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するものです。 すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもので、毎月作成しています。 指数計算に採用している各品目のウエイトは総務省統計局実施の家計調査の結果等に基づいています。 品目の価格は総務省統計局実施の小売物価統計調査によって調査された小売価格を用いています。 結果は各種経済施策や年金の改定などに利用されています。 引用:総務省統計局「消費者物価指数(CPI)」
企業サービス価格指数
企業サービス価格指数
4月 23 全日
3月の企業サービス価格指数が8:50に発表されます 物価動向を示す指標の一つ。これまで日銀が発表する卸売物価指数がインフレ指標の代表格であったが,これにはサービス価格の動きが入っていなかった。しかし経済のサービス化が進展したため,企業間のサービス価格の動きを反映させた指標として企業向けサービス価格指数 (SPI) が作られた。広告費,通信費,コンピュータなどのリース料などがその対象で,賃金動向との相関性が強く,今後賃金上昇によるコストプッシュ・インフレ指標としての役割も期待されている。 引用:コトバンク「企業向けサービス価格指数」
全産業活動指数
全産業活動指数
4月 24 全日
2月の全産業活動指数が13:30に発表されます 経済産業省が発表する全産業活動指数とは、全産業の生産活動状況を供給 面から捉えること目的とした指数です。全産業の最終需要の動向を供給面から捉えることができます。数値の上昇は、景気向上と判断され、円が買われやすくなります。 引用:Yahooファイナンス「全産業活動指数」
住宅着工統計
住宅着工統計
4月 26 全日
3月の住宅着工統計が14:00に発表されます 建築着工統計調査は、建築基準法第15条第1項の規定により届出が義務づけられている建築物を対象とする統計調査で、毎月調査結果を公表しています。調査から得られる全国の建築物の動態は、国や地方公共団体の施策の基礎資料となるばかりでなく、民間でも業界団体、金融機関、各種研究機関等で動態分析などに広く利用されています。 建築着工統計調査では、建築物の着工状況について建築主別の建築物の数、床面積の合計、工事費予定額などの結果を、全国、都道府県、市区町村の地域で提供しています。 引用:e-STAT「住宅着工統計」
商業動態統計
商業動態統計
4月 26 全日
3月の商業動態統計が8:50に発表されます 商業動態統計調査は、全国の商業を営む事業所及び企業の販売額等を毎月調査することにより、商業(卸売業、小売業)の動向を把握し、景気判断、消費動向等の基礎資料を得ることを目的としています。 商業動態統計調査では、業種別商品販売額等のほか、業態別(百貨店・スーパー、コンビニエンスストア、家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンター)の商品販売額等を全国、経済産業局別、都道府県別に集計し、提供しています。 引用:e-STAT「商業動態統計調査」
完全失業率
完全失業率
4月 26 全日
完全失業率
        3月の完全失業率が8:30に発表されます。 雇用情勢や景気動向を示す非常に重要な経済指標の一つです。 https://4hp.jp/unemployment-rate
有効求人倍率
有効求人倍率
4月 26 全日
有効求人倍率
        3月の有効求人倍率が8:30に発表されます。 人材派遣業等の人材関連銘柄に影響を与える可能性が高い指数の為、人材関連銘柄を保有している場合は確認しておきましょう。 https://4hp.jp/active-opening-ratio
都区部消費者物価指数
都区部消費者物価指数
4月 26 全日
4月の都区部消費者物価指数が8:30に発表されます 1「東京の物価」は、総務省統計局による公表の内容と、さらに詳細なデータを収録したものである。 2消費者物価指数は、全国の世帯の消費構造をより的確に反映させるため、5年ごとに指数品目の追加・廃止、整理統合、ウエイトの見直し等の改定を行っている。 総務省統計局は、平成28年8月26日の公表分から、2015年を基準時とする指数に改定した。これに伴い「東京の物価」に掲載する指数も、平成28年8月分から2015年基準指数に切り替えて作成、公表している。 引用:東京都の統計「東京の物価 -東京都区部消費者物価指数-」
鉱工業生産指数
鉱工業生産指数
4月 26 全日
3月の鉱工業生産指数が8:50に発表されます 鉱工業製品を生産する国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る諸活動、製造工業の設備の稼働状況、各種設備の生産能力の動向を捉え、また、生産の先行き2か月の計画を把握することで、日本の生産活動をいち早く把握します。 引用:経済産業省「鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数)」