市場スケジュール追加しました

市場スケジュール

スケジュール
1
完全失業率
完全失業率
2月 1 全日
完全失業率
12月の完全失業率が8:30に発表されます。 雇用情勢や景気動向を示す非常に重要な経済指標の一つです。 https://4hp.jp/unemployment-rate
新車販売台数
新車販売台数
2月 1 全日
1月の新車販売台数が14:00に発表されます その数字は自動車関連株に影響を与える可能性があります https://4hp.jp/newcar-sale    
有効求人倍率
有効求人倍率
2月 1 全日
有効求人倍率
12月の有効求人倍率が8:30に発表されます。 人材派遣業等の人材関連銘柄に影響を与える可能性が高い指数の為、人材関連銘柄を保有している場合は確認しておきましょう。 https://4hp.jp/active-opening-ratio
軽自動車新車販売台数
軽自動車新車販売台数
2月 1 全日
1月の軽自動車新車販売台数が14:00に発表されます この数字は自動車関連株に影響を及ぼす可能性があります https://kabutan.jp/themes/?theme=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A
2
3
4
マネタリーベース
マネタリーベース
2月 4 全日
1月のマネタリーベースが8:50に発表されます マネタリーベースとは、「日本銀行が供給する通貨」のことです。具体的には、市中に出回っているお金である流通現金(「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」)と「日銀当座預金」の合計値です。 マネタリーベース=「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」+「日銀当座預金」 引用「日本銀行 マネタリーベース」
5
6
7
景気動向指数
景気動向指数
2月 7 全日
12月の景気動向指数が14:00に発表されます 景気動向指数は、生産、雇用など様々な経済活動での重要かつ景気に敏感に反応する指標の動きを統合することによって、 景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標です。 引用:内閣府「景気動向指数」
東京都心オフィス空室率
8
企業倒産件数
企業倒産件数
2月 8 全日
1月の企業倒産件数が13:30に発表になります 「倒産」は新聞やテレビで耳にした事があると思われます。企業倒産という数値は、景気を測る統計指標の一つでもあります。 現在、わが国には倒産に関するいくつかの統計資料がありますが、その中でも最も長い歴史を持ち、倒産という概念を定着させたのが、東京商工リサーチです。 引用:東京商工リサーチ「全国企業倒産状況」
景気ウォッチャー調査
景気ウォッチャー調査
2月 8 全日
1月の景気ウォッチャー調査の数字が発表されます 地域の景気に関連の深い動きを観察できる立場にある人々の協力を得て、地域ごとの景気動向を的確かつ迅速に把握し、景気動向判断の基礎資料とすることを目的とする。 引用:内閣府「景気ウォッチャー調査」
毎月勤労統計調査
毎月勤労統計調査
2月 8 全日
12月の毎月勤労統計調査が9:00に発表になります 毎月勤労統計調査は、雇用、給与及び労働時間について、全国調査にあってはその全国的の変動を毎月明らかにすることを、地方調査にあってはその都道府県別の変動を毎月明らかにすることを目的とした調査です。 引用:厚生労働省「毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査):調査の概要」
9
12月第3次産業活動指数
12月第3次産業活動指数
2月 12 全日
12月第3次産業活動指数が13:30に発表されます 第3次産業活動指数(だいさんじさんぎょうかつどうしすう、英語: Indices of Tertiary Industry Activity)とは、日本における第3次産業の活動を指数化し、産業全体としての動向がどのようになっているかを把握するための経済指標。作成・公表は経済産業省。 引用:ウィキペディア「第3次産業活動指数」
1月マネーストック
1月マネーストック
2月 12 全日
1月のマネーストックが8:50に発表されます マネーストックとは、「金融部門から経済全体に供給されている通貨の総量」のことです。具体的には、一般法人、個人、地方公共団体などの通貨保有主体(金融機関・中央政府を除いた経済主体)が保有する通貨(現金通貨や預金通貨など)の残高を集計しています。 引用:日本銀行「「マネーストック」とは何ですか?」
1月工作機械受注額
1月工作機械受注額
2月 12 全日
1月工作機械受注額が15:00に発表されます 工作機械受注額(こうさくきかいじゅちゅうがく)とは、日本工作機械工業会が速報値を翌月初旬15時以降、確報値を翌月の下旬に発表する、工作機械の受注動向を示す指標のことです。工作機械はマザーマシンとも呼ばれ、自動車の製造工程や家電の製造工程などで使われます。 引用:株初心者のための株式投資と相場分析方法「工作機械受注額」  
1月企業物価指数
1月企業物価指数
2月 13 全日
1月の企業物価指数が8:50に発表されます 企業間で取引される商品の価格を反映した物価指数で、従来の卸売物価指数に相当。2003年1月発表の00年基準の指数から採用され、日本銀行がラスパイレス方式で算出し公表する。公表日は、速報値が翌月の第8営業日で、確報値は翌々月の同日。国内企業物価指数(910品目)、輸出物価指数(222品目)、輸入物価指数(293品目)から成る。基準改定は5年ごと。また、携帯電話、電子計算機、集積回路など価格変動の激しい商品に対応し、毎年ウエートを更新する「連鎖方式による国内企業物価指数(連鎖指数)」も参考指数として公表される 引用:コトバンク「企業物価指数」  
10-12月期GDP速報値発表
10-12月期GDP速報値発表
2月 14 全日
10-12月期GDP速報値が8:50に発表されます
12月機械受注
12月機械受注
2月 18 全日
12月の機械受注が8:50に発表されます 機械受注統計調査は、機械製造業者の受注する設備用機械類の受注状況を調査し、設備投資動向を早期に把握して、経済動向分析するための基礎資料です。 引用:内閣府「機械受注統計調査報告」
1月首都圏マンション発売
1月首都圏マンション発売
2月 19 全日
1月の首都圏マンション発売数が13:00に発表されます
1月訪日外国人数
1月訪日外国人数
2月 20 全日
1月の訪日外国人数が16:00に発表になります  
1月貿易収支
1月貿易収支
2月 20 全日
1月の貿易収支が8:50に発表されます 貿易収支とは、輸出量と輸入量の差額のことをいいます。輸出が輸入を上回る状況を貿易黒字(貿易収支が好調)、輸入が輸出を上回れば貿易赤字(収支バランスが悪い)といいます。 貿易黒字が増えると、その分相手の国から受け取る外貨が増え、それを日本円に交換するために外貨を売って円を買うことになるので、円高へとつながります。逆に貿易赤字になると、円安傾向になります。一方、貿易黒字が増えるとGDPが押し上げられ、貿易赤字が増えると逆に押し下げられます。 引用:SMBC日興証券「貿易収支」
12月全産業活動指数
12月全産業活動指数
2月 21 全日
12月の全産業活動指数が13:30に発表されます 経済産業省が発表する全産業活動指数とは、全産業の生産活動状況を供給 面から捉えること目的とした指数です。全産業の最終需要の動向を供給面から捉えることができます。数値の上昇は、景気向上と判断され、円が買われやすくなります。 引用:Yahooファイナンス「全産業活動指数」
1月消費者物価指数
1月消費者物価指数
2月 22 全日
1月の消費者物価指数が8:30に発表されます 消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するものです。 すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもので、毎月作成しています。 指数計算に採用している各品目のウエイトは総務省統計局実施の家計調査の結果等に基づいています。 品目の価格は総務省統計局実施の小売物価統計調査によって調査された小売価格を用いています。 結果は各種経済施策や年金の改定などに利用されています。 引用:総務省統計局「消費者物価指数(CPI)」