【NEW】 企業情報徐々に追加しております

鈴木一之

鈴木一之 アナリスト

鈴木一之さんの肩書は

  • 株式アナリスト

鈴木一之さんの略歴(プロフィール)・現在の活動は

1983年 千葉大学人文学部法経学科卒業(法学専攻)。大和証券入社。
本店第二営業部、新宿支店勤務を経て、株式トレーディング室に勤務。
(のちの機関投資家営業部)。

80年代バブル相場における買いの主役と
言われた信託銀行、生命保険会社の特金・ファントラの運用窓口の部署に
26歳の最年少で配属され機関投資家運用の一翼を担う。

2000年 独立系投資教育機関であるインフォストックス・ドットコムに勤務。
自立した個人投資家の育成を目指し、景気循環論を重視した独自教材の開発
に従事。セミナー講師も手がけ人気を博す。

2007年 株式アナリストとして独立。投資教育セミナー用の教材開発を機に確立した
景気循環セクターとバリュー株への視点を中核に置きつつ、成長株にも徐々に
対象ジャンルを広げている。

独立系アナリストとしてテレビ、ラジオ、新聞、
雑誌、ウエブなど、マーケットメディアへの出演、投稿の機会が増える。
趣味は読書、一人旅。単独で過ごす時間を愛する。最近は煮込み料理に凝る。

引用:ストックジャーナル「鈴木一之のプロフィール

鈴木一之さんの実績は

調べてみましたが、具体的な実績などは見つけることができませんでした

鈴木一之さんの投資スタイルは

鈴木一之さんといえば、相場を景気循環論でとらえるシクリカル銘柄投資法を展開していることで知られています。

シクリカル銘柄投資法とは、一体どのような投資法なのでしょうか?
詳細は鈴木さんの著書を読んでもらうのが一番なのですが、抜粋した紹介記事でこのように述べています

ファンダメンダルズもテクニカル分析も要しない。
モノの値段を追うだけで、景気の変化を読み取るのだ。
重要なのは、モノの値段。株価を見る前に、シンプルにまず、モノの値段を見よう。

この投資法の知識があれば、以下のようなメリットもあるとのこと

  • 銘柄の選択に頭を悩ませる必要がなくなる
  • 将来の予測をする必要がなくなる
  • 買いにも売りにも明確な根拠を持てる
  • ゆえに、下げ相場なら空売りで儲けることができる
  • 大きな損を出すことがなくなる

本当なの?とやや穿った目でみてしまいますが、辛口レビューも掲載するAmazonのレビューでも意外にも概ね高評価。
新しい視点が身に付いて役立ったといった評価が多かった気がします
興味のある人は一読してみても良いと思います。

東京マーケットワイドの水曜日午前/木曜日午後担当
BS12ch TwellV 「岡崎・鈴木のマーケット・アナライズ」(土曜昼)
ラジオNIKKEI「マーケットプレス」(月曜午後)

番組を視聴することで、鈴木さんの相場観を知ることもできるでしょう

鈴木一之さんの著書など

鈴木一之さんに関連して調べられているワード

鈴木一之さんはブログをやってるの?

ストックボイス内でブログを執筆しています
更新頻度は週1回程度、市場の話よりは鈴木さんの人柄がうかがえる日常に対しての考えが中心の日記風ブログとなっています。

鈴木一之さんはセミナーをやってるの?

不定期ですが、セミナーを開催しているみたいです
最新情報はセミナー情報.comなどをチェックするのが良いでしょう

関連項目

コメント