アナリスト一覧ページ作成しました。アナリストは随時追加していきます

株式用語集

株式用語集

あ行

  • アセットアロケーション
    投資家のポートフォリオ内の各資産の割合を調整することで、リスク回避を目的とする投資戦略のことである。資産配分と同意義となります。
    例)現金(35%)、株式(30%)、債券(15%)、投資信託(10%)、国内不動産(10%)
  • 一般信用取引
    返済期限や逆日歩などを証券会社が顧客との合意に基づき、自由に決められる信用取引です。
    返済期限は無期限の場合が大半で、その分金利は高めに設定されています
  • インカムゲイン
    株式投資ではの配当金のこと、銀行預金の利子なども含まれます。
  • インサイダー取引
    会社の内部情報や未公開情報を不法に利用して証券市場取引を行い、情報を持たない他の投資家に損害を与える行為を指す。
  • 追証(おいしょう)
    主に信用取引など保証金を担保として行う取引でその株価が下落して追加の保証金を差し入れなければいけない状態を指す。

    追加の入金がない場合は、証券会社によって強制的に反対売買で決済されてしまう場合があるので、注意する必要があります。
  • 黄金株
    株主総会決定事項について拒否権を行使できる株式。
    敵対的な買収から身を守るたのに防衛策として利用されることが多い
  • オーバーアロットメント
    株式などの売り出しに対して需要状況に応じて、証券会社が対象企業の株主等から一時的に株券を借りて売出人となって行う売出しのことを「オーバーアロットメントによる売出し」といいます。新株の募集後に需給関係が悪化することを防ぐ目的があります。
  • 押し目買い
    上昇トレンドの株価が一時的に下落したタイミングで買いを入れる手法を指す。
    「押し目を拾う」と表現することもあります。
  • 織り込み済
    株価に影響しそうな要因やニュースが既にその株価に反映されていること
    例えば業績の上方修正は株価にとっては好材料ですが、その材料が織り込み済だった場合は株価には影響せず株価が上昇しないことがあります。

か行

  • 株主優待
    企業が権利確定日までに一定数の株式を保有していた株主に与える自社製品や優待券などのいわばプレゼントのこと

    株主優待は配当金と同様に必ず行われるものではありません。最近では長期保有株主を優遇するような株主優待制度を設ける企業も多くなってきています
  • 為替
    小切手・銀行振り込みなど現金以外の方法によって金銭を決済する方法の総称
  • 空売り
    手元に株式がない状態に信用取引を利用して株式を借りて売ることを指す
    これから株価が下がると予想した時には空売りをして、予想通り株価が下落したところで買い戻すことで利益を得ることができます
  • 為替
    小切手・銀行振り込みなど現金以外の方法によって金銭を決済する方法の総称
  • 管理銘柄
    証券取引所が上場銘柄で上場廃止基準に該当する恐れのある銘柄に対して一般投資家に対して周知するための制度のこと
    監理銘柄(審査中)と監理銘柄(確認中)の二つの指定があり、前者は「有価証券報告書等に虚偽記載を行い、その影響が重大である場合」に該当し、該当しない場合は後者の確認中となる。監理銘柄に指定されても売買はすることができます。

    かつては監理ポストという表現が使われていましたが、現在では「管理銘柄への指定」という表現を使用します。上場廃止が決定すると「整理銘柄」に指定されます。似たような言葉ですので混同しないように気を付けましょう
  • 逆張り
    投資スタンスの一つで相場の下落局面で買い注文を入れて、上昇局面で売りを入れるという投資手法。上昇局面で買いを入れ、下落局面で売る順張りとは正反対の投資手法となります。
  • 逆指値注文
    株価などが価格条件に達した時に発注する条件が付された注文のこと

    一定の価格に株価が到達した場合のみ利益確定売りができたり、逆に損切りラインに達した場合に売り注文などが出せたりするので、立会時間中に株価をチェックできない投資家にとっては大変有効な注文方法となります
  • 現物取引
    株式売買における通常の取引で、証券会社と投資家の間で決済日に株式と現金の受け渡しが行われること。
    現物取引では信用取引と違って、持っている資金の範囲内でしか株式を購入することができません。
  • 逆日歩(ぎゃくひぶ)
    証券会社において信用取引に必要な株に不足が生じた際にその不足分の株式を外部から調達するコストのことで、信用取引の売り手が負担するコストとなる

    逆日歩は株不足が解消されない限り、毎日負担しなければいけないものとなってくる。売り方としてみたら、早く利益を出して決済しないとコスト負担ばかりかさんでしまうことになってしまう。
  • グリーンメール
    標的とする企業の株式を買い集め、その企業や関係者に株式を高値で買い取らせることを指す
    言葉の由来はドル紙幣が緑色(グリーン)をイメージさせることから、脅迫文を意味するブラックメールと掛け合わせた造語であるからです
  • 現引き
    信用取引で買い建てた株を決済する際に売るのではなく、現物株として買い取ることを指します

    制度信用取引の場合には6か月という決済の期限があります。その6か月という期限内に利益を得ることができず、引き続きその株を保有したい場合などに利用されます
  • 権利落ち
    権利確定日が過ぎて配当や株主優待を獲得する権利がなくなったこと
    権利落ち日とは株主権利を得ることができる最終売買日(権利付最終日)の翌営業日を指します。
  • 権利確定日
    株主がその銘柄の株主権利を得ることができる確定日のこと

    配当金や株主優待を得るためには、権利確定日に株主名簿に名前が記されている必要があります。その為には権利確定日を含む4営業日前(権利付最終日)までに株式を購入しなければなりません。
  • ゴールデンクロス
    短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜ける現象
    これから株価が上昇傾向になるかもしれないという買いのサインとして使われる
    日足の場合は短期を25日移動平均線、長期を75日移動平均線
    週足の場合は短期を13週移動平均線、長期を26週移動平均線を使うことが多い
  • 後場(ごば)
    午後の取り引きのこと
    取引所によって時間は異なり、例えば東京証券取引所の場合は後場は12時半から15時までとなる。

さ行

  • 酒田五法
    江戸時代の相場師本間宗久によって考案されたテクニカル分析
    ローソク足の組み合わせによって売り場と買い場を読む5つの法則(三山、三川、三空、三兵、三法)を指す
    名前の由来は本間宗久が山形県酒田市周辺の大地主だったことから
  • 先物取引
    将来のある日(決済期日)に現在の価格で商品を売買できる取引のこと。
    日本語で先物取引というと、とうもろこしや大豆などの商品先物を慣例的に指すが、本来は株価指数などの金融先物も含まれる

    先物取引は実際に取引する10%ほどの証拠金で取引可能です。ゆえに実際には10倍ものお金を投資していることとなり、ハイリスクハイリターンの取引です。リスク管理をしっかりとしたうえで取引すべきでしょう。
  • 指値注文(さしねちゅうもん)
    希望する売買価格を指定して発注する方法
    具体的には「1000円で200株買いたい」や「1000円で200株売りたい」などといった注文のこと
    指定した値段以上(以下)にならないと約定しない注文となります
    対して「いくらでもいいから買いたい(売りたい)」という注文を成行(なりゆき)注文といいます。
  • 塩漬け
    購入した株の価格が予想よりも大きく下落してしまい、売ってしまうと大きな損失が発生してしまう為、やむをえずに株を長期保有してしまっている状態を指す
  • 自社株買い
    上場企業が市場から自社の株を買い戻すこと
    一般的に自社株買いをすると株価が騰がるので、株主への還元として行う場合もあれば、ストックオプション(従業員持ち株制度)や敵対的買収の防衛策に為に行う場合もある。
  • 仕手株(してかぶ)
    短期間に大きな利益を得るために株価操作をするような売買を繰り返す集団(仕手筋)が好んで取引する株のこと。
  • 順張り(じゅんばり)
    株価が上昇基調であるときに買いを入れて、下落基調の時に売るといった投資スタンス。
    逆に下落トレンドの時にあえて流れに逆らって買いを入れる投資スタンスを逆張りという。

    順張りで大きな利益を得るためには上昇トレンドの初期段階で買いを入れることが重要となってきます。しかしいつが上昇トレンドの初期段階か判断することはプロでも難しいといわれています。
  • 上場廃止
    上場廃止には大きく分けて3つのパターンがあります

    ①会社更生法・民事再生手続申請による上場廃止
    ②上場会社が自主的に上場廃止申請を行うことによる上場廃止
    ③上場銘柄が、証券取引所の定める上場廃止基準(株主数、売買高、流通株式など)に該当することによる上場廃止

    上場廃止が決定すると「整理銘柄」に指定されて一定期間取引が行われた後、上場廃止となります。

  • 新株発行
    一般的には資金調達目的の株式発行を新株発行という
    新株発行の方法は何種類かあります

    ①公募増資
    新株割り当ての権利を広く一般投資家に募集するもの、今まで当該株式を保有していなかった投資家も株式を購入する可能性があるので、流動性が高まるといった期待を持てます
    ②株主割当増資
    既存の株主を対象に株数に応じて新株を購入する権利を割り与えます
    この場合新株の価格は時価よりも低く設定されているのが特徴的です
    ③第三者割当増資
    親会社や関連会社など関連性のある所に向けた新株発行
    この増資の狙いは資本提携である
  • 信用取引
    株式や株購入の資金を証券会社より借りて株式の売買を行う投資手法
    具体的には一定の保証金(委託保証金)を証券会社に担保として預け、保証金の数倍の金額の株式取引ができる制度のこと

    少ない元手で大きな利益を上げる可能性があり、現物取引では行うことができない「売り」から取引が行えるので、株式の下落トレンドの際にも利益を得る可能性がある。そのようなメリットがある反面、株価が大きく値下がりすると、自己資金以上の損失が発生し負債が残るかもしれないというデメリットがあることにも留意しておかなければいけない
  • スクリーニング
    多数の銘柄の中から特定の条件に合うものを選別すること
    例えばPBRやPBRなどで割安な株を選別したり、配当の多い銘柄を選別したりなどです
    証券会社のサイトにはスクリーニングの機能が付いていることが多いのでぜひ活用してみましょう
  • ストップ高・ストップ安
    1日に株価が上下に変動する幅には限度があります(制限値幅)
    ストップ高とはその値幅制限いっぱいまで株価が騰がることを指します。
    逆に値幅制限いっぱいまで株価が下がることをストップ安といいます。
  • 損切り(そんぎり)
    別名ロスカットともいいます。
    株価が含み損を抱えており、売却すれば損失が出ることが分かっていながらも、それ以上株価の回復が望めない場合に当該株式を売却する行為を指す。
    逆に株価の回復が望める場合はナンピン買いや塩漬けといった戦略を取ります。

た行

  • 貸借倍率
    別名信用倍率とも呼ばれ、次の計算式で算出されます
    貸借倍率=信用買い残÷信用売り残
    日々公開銘柄指定をされている銘柄は毎日、されていない銘柄は週1回公開されることとなっている。

    通常貸借倍率が1倍を下回っている銘柄は「将来株価が上がる可能性がある」と注目を浴びる(信用売り残が多い為、将来買い戻す必要があるため)
  • 大量保有報告書
    金融商品取引法では、上場企業の株式を5%を超えて取得した場合、取得日より5営業日以内に大量保有報告書を内閣総理大臣に提出義務付けられています。(5%ルール)
    その際提出する書類を大量保有報告書といいます。
    大量保有報告書は金融庁の「EDINET」で確認することができます

    法人の大量株式保有は長期保有が期待される為、安定株主として企業にとってプラス面が多いですが、投機的なファンドが大量保有している場合は要注意です。株価の動きが不安定になるなどマイナス面が懸念されます
  • タコ足配当
    十分な利益を出せていない企業が過分な配当金を出すこと
    タコが空腹時に自分の足を食べることに例えてこう呼ばれます
  • 立会外分売(たちあいがいぶんばい)
    取引所の取引時間外に大量の売り注文を小口に分けて、投資家に売り出す売買方法を指す。
    その際の価格は前日の終値を基に決定されます。
    立会外分売が行われる目的としては、個人株主を増やしたり流動性を高める目的がある

    購入手数料が無料である点、前日の終値よりも数%ほど安く買えるなどのメリットがある反面、大量の株数が分売される場合は、将来的な売り圧力が懸念され、株価が下落してしまう恐れもある。
  • 単元株
    通常の株式取引の際に必要な最低購入単位のこと
    例えば単元株が100株とされている銘柄では、100株単位でしか売買することができず、150株での売買は原則としてできません。
  • チャート
    株価や需給などの動きをグラフ化したもの
    チャートを基に株価を予測する方法をチャート分析(テクニカル分析)と呼ぶ
    株価チャート
    ローソク足を用いたチャート画像
  • 低位株(ていいかぶ)
    株価水準が低い銘柄のこと
    低位株の明確な定義はありません、但し一般的には株価が500円を下回ると低位株と呼ぶ場合が多いみたいです。また100円を下回る株を超低位株と呼ぶことがある。
    株式の持つ価値と比較して株価の安い「割安株」と混同されることが多いが、意味合いは異なる

    低位株は少額の資金から投資ができるといったメリットがある反面、取引する際には、変動率が激しくなるために大きな損失が出てしまう可能性、仕手筋に利用されやすいというマイナス面も考慮しておきたい。
  • デイトレード
    その日のうちに株式売買を完結し、利益や損失を確定、取引を終了させる投資家のこと
    近年のネット証券の普及によってデイトレーダーの数は急増したと言われている。
  • 出来高(できだか)
    期間中に成立した売買の数量を指す。
    株の場合は株数、先物の場合は枚数で表される。
    出来高が高いということは市場が活性していることにつながり、プラスにとらえる投資家は多い。
  • 手仕舞い(てじまい)
    信用取引の売買関係を終わらせること
    買い建てている場合は、転売または現引をし、売り建てている場合は買い戻しまたは現渡しすることを指す。
  • デッドクロス
    チャート上で長期の移動平均線を短期の移動平均線が上から下に突き抜けたときをデッドクロスといいます

    デッドクロスは一般的には相場が下落傾向に向かうサインとして考えられています。しかし必ずしも下がるとは限らないので、他の指標と組み合わせて売買判断を下すべきでしょう。また移動平均線の組み合わせとしては、一般的には5日線と25日線、13週線と26週線などの、比較的近い期間の組み合わせが多く使われています。
  • 投資顧問会社
  • 投資顧問業
  • 投資顧問契約

な行

  • 内需関連株
    国内に主な事業基盤を持ち、国内景気が好調な時に値上がりが期待できる株を指す
    代表的な業種としては、建設・不動産・電鉄・電力などがあげられます

    株式投資を行う際にはリスク軽減のために分散投資することが推奨されています。例えば内需関連株と輸出関連株は値動きが異なるため、分散投資に有効とされています
  • 成行注文(なりゆきちゅうもん)
    値段を指定せずに注文すること
    成行注文はその時点で一番有利な売買相手と即座に取引が成立します
    指値注文に優先して売買が成立するため、すぐに売買を成立させたいという人向けの注文方法です

    成行売り注文:その時点で一番高く買い注文していた人と売買成立
    成行買い注文:その時点で一番安く売り注文していた人と売買成立
  • ナンピン買い
    保有している銘柄の株価が下落した時に、買い増しをすることで取得平均価格を下げること
    例えば800円で1000株購入した銘柄が600円まで下落した時に1000株買い増しすると、取得平均価格は700円となり、利益が出る水準を下げることができます。
    言葉の由来は難(なん)を平らにするという難平(なんぴん)から

    ナンピン買いは上昇トレンドにある株価が一時的に下がった時に有効とされているが、「下手なナンピン、スカンピン」という言葉があるように、タイミングを間違ってしまうとさらに損失を膨らませてしまうことになりかねないので注意が必要です。
  • 日経平均株価
    東証1部に上場する銘柄のうち代表的な225銘柄を対象に算出する代表的な株価指標
    日本経済新聞社が知的財産権を保有し、銘柄を選定している
    (定期的に組み入れ銘柄の変更が行われています)
  • 日本投資顧問業協会

は行

  • 配当
    企業が得た利益を出資者や株主に分配すること
    配当金は株主が保有する株数に比例します

    配当は株を持っていれば必ずもらえるという訳ではなく、企業が赤字であったり方針によって配当自体を行わないといった場合もあります。
  • ファンダメンタルズ
    経済の基礎的条件と訳されるもので、国や企業などの経済状態などを表す指標のこと

    国や地域の場合:経済成長率、物価上昇率、失業率、財政収支など
    企業の場合:売上高、利益、業績、資産、負債など

    株式投資においては、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、ROE(株主資本利益率)などが代表的な指標として使われています。

  • 踏み上げ
    空売りをしていた投資家が予想と反して株価が上昇してしまった場合に買い戻す場合があります。その買戻しによってさらに相場が上昇することを踏み上げ(または踏み上げ相場)といいます