【NEW】 企業情報徐々に追加しております

日銀短観

日本銀行本社 用語集

日銀短観とは

日本銀行が全国の企業動向を的確に把握する為、全国の約1万社の企業を対象に実施している統計調査
正式名称は「全国企業短期経済観測調査」

日銀短観の特徴

回収率が100%に近いことから、企業動向を正確な把握するものとして、経済指標の中でも特に注目されている

日銀短観はいつ実施される

年4回(3、6、9、12月)実施されています

日銀短観の調査内容

  1. 計数調査
    売上高、雇用者数、金融機関借入金などを計数的に計るもの
  2. 判断調査
    生産、売上、在庫調査、設備投資、企業収益、雇用、企業金融、の項目に対して「良い」「さほどよくない」「悪い」の三つから選択させるもの
    アンケート結果の「良い」の回答比率から「悪い」の回答比率を引いて指数化されたものが業界判断DIといいます

日銀短観はどこで見れるの?

日本銀行のウェブサイトから閲覧が可能です

日銀短観の株式市場への影響

主要企業のDIは景気判断の指標として、株式市場にも影響力が強いとされています

日銀短観に関するニュース

日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の最近の景況感を示す業況判断指数(DI)が前回の3月調査から5ポイント下落のプラス7となり、2四半期連続で悪化した。米国と中国の貿易摩擦の激化や海外経済の減速が響いた。日本経済は予断を許さない状況であることが鮮明となり、10月の消費税増税が景気の重しになりそうだ。

大企業製造業の景況感は2018年3月調査以降、悪化か横ばいが続き、改善していない。米国とイランの対立や日米貿易協議に対する大企業製造業の警戒感も強く、今回の調査では3カ月後を示す先行きの景況感も横ばいのプラス7を見込んだ。

出典:共同通信

コメント