【NEW】 企業情報徐々に追加しております

【7564】ワークマン

コード7564
名称ワークマン
市場東証JASDAQスタンダード
業種小売業
特色作業服、関連用品の専門チェーン。直営店のFC化推進。PB比率向上、全国展開目指す
代表者小濱 英之
設立1982年8月19日
上場1997年9月26日
決算3月末日
単元株数100株
URLhttps://www.workman.co.jp/
決算作業着大手「ワークマン」の快進撃が止まらない。

2018年9月、カジュアルウェアの新業態「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」をららぽーと立川立飛にオープンしたところ、レジに行列ができ、入場制限をかけることに。「服を買うだけなのに、入場制限? ワーワー騒いでいるのは最初だけでしょ。その後はどうなったの?」と思われたかもしれない。一号店と同じように新店でも、商品を購入するためにレジに行列ができたり、駐車場にクルマを停めるために渋滞が起きたりした。

ワークマンプラスに行ったことがない、見たこともない、聞いたこともないという人に、簡単に紹介しよう。ワークマンは「職人の店」をうたっていて、建設現場などで働く人たち向けの商品を扱っている。一方のプラスは、アウトドアやレインウェアなどの専門店(作業服などを扱っている店もある)で、一般の人でも入りやすいムードが漂っている。

このように書くと、「ワークマンとプラスは同じ会社が運営しているけれども、違う商品を扱っているのね」と思われたかもしれないが、プラスで扱っている商品はワークマンでも販売している。つまり、“見せ方を変えただけ”で、日本列島に旋風を巻き起こしているのだ。

会社の決算をみると、「好調」である。2019年3月期のチェーン全店売上高は前期比16.7%増の930億3900万円で、営業利益・経常利益・純利益もすべて20%を上回った。ワークマンプラスの売上高も「計画比の2~3倍で推移していて、今後の新規出店はすべて『ワークマンプラス』にする」(担当者)という。

出所:ITmediaビジネスオンライン

コメント