【NEW】 契約プランから投資顧問を探せるようになりました

石原順(西山孝四郎)

石原順アナリスト

石原順(西山孝四郎)さんの肩書は

  • ファンドマネージャー

石原順(西山孝四郎)さんの略歴・現在の活動は

1986年証券会社に入社、その後通貨先物、債券、株式、商品市場とあらゆる金融商品の取引に従事、 生き馬の目を抜く世界と言われる金融市場で、四半世紀にわたり活躍。
現在も”現役”で根っからのディールホリック。
実際の取引手法を惜しみなく公開する懐の深さで注目度上昇中。

引用:ラジオNIKKEI「石原順

石原順(西山孝四郎)さんの実績は

調べてみましたが、具体的な実績については公開していないみたいです
但し実際の取引方法については、公開しているみたいですので、そちらをチェックしてみるのも良いと思います。

石原順(西山孝四郎)さんの投資スタイルは

相場の周期およびボラティリティー(変動率)を利用した独自トレンド分析、及び情報ネットワークを活かした売買技術を駆使する

以下石原さんのコラムなどから、相場観や投資に対しての考え方が分かるものを抜粋して紹介します

  • 相場を認識するにあたっての手段のひとつとしてテクニカル分析は不可欠
  • システマティックなアプローチと損切りを使わないと、相場で長期的に利益を上げることは難しい
  • 相場とは確率に賭けるゲームであり、その優位性の優劣でパフォーマンスが決まる
  • トレンドで方向性を確認し、トレンドがない場合は浅いストップロス注文を置いて逆張り・転換点売買を行う。トレンドが発生した場合はただちに逆張りは停止する。

銘柄数、時価総額、出来高、流動性が大きく、世界を代表する企業が多く存在し、日本株よりも素直でトレンドが出やすいとして米国株取引を推奨しています

石原順(西山孝四郎)さんの著書など

石原順(西山孝四郎)さんに関連して調べられているワード

石原順(西山孝四郎)さんのセミナー情報

石原順(西山孝四郎)さんは積極的にセミナーを開催しています
最新のセミナー情報は、ツイッターなどをチェックするのが良いでしょう。

石原順(西山孝四郎)さんの出身大学は?

調べてみましたが、出身大学は公開していないみたいです

石原順(西山孝四郎)さんはツイッターをやっている

アカウントを保有していますが、つぶやきの大半はサイトの更新情報です

石原順(西山孝四郎)逆張り

石原順氏は逆張りについて、コラム内でこのように述べています

  • エンベロープ(移動平均線乖離)を利用する、但しエンベロープを過信するのは危険。ストップロス注文は必須
  • 為替相場の動く範囲(自律的な上下運動)を計測すべし
  • 相場の反転ポイントとなるかどうかは、より短いタイムフレームのチャートでオシレーターの反転パターンを確認(またはトレンド指標のピークアウトの確認)

石原順(西山孝四郎)トウシル

トウシルとは楽天証券の投資情報メディアです
このサイト内で石原順さんは「外為市場アウトルック」というコラムを連載しています

石原順(西山孝四郎)さんのwikiページはある?

現在個人名でのwikiページは存在しません
但しのザ・マネーの金曜出演者として、ラジオNIKKEIのwikiページ内に西山孝四郎さんの名前が登場します

関連リンク

他のアナリストや経済評論家を探してみる

人気アナリストの経歴・実績・評判などを徹底調査。
人気アナリストの経歴・実績・評判などを徹底調査。投資顧問の助言者となっている場合もあるので要チェックです!

コメント