【NEW】 企業情報徐々に追加しております

川口一晃

川口一晃 アナリスト

川口一晃さんの肩書は

  • 金融ジャーナリスト
  • 経済評論家
  • 行動経済学学会会員
  • グローバルリンクアドバイザーズ アナリスト
  • オフィスKAZ 代表取締役

川口一晃さんの経歴(プロフィール)・現在の活動は

金融ジャーナリスト・経済評論家
1960年生まれ 北海道札幌市出身

1986年銀行系証券会社に入社。資産運用業務に従事。その後も銀行系投資顧問(現・三菱UFJ国際投信)三洋投信会社で11年間ファンドマネージャーを務める。
その後、ブルームバーグL.Pに移りアプリケーションスペシャリストとして投信の評価システムを開発し、ブルームバーグL.Pを投信の評価機関にする。

1992年ペンタゴンチャートに出会い、方眼紙に手書きでペンタゴンチャートを描き始める。以降、現在に至るまで分析を続けており、国内第一人者として多数の著書を持つ。
そして外資系証券会社等を経て2004年10月に独立、オフィスKAZ 代表取締役に就任。

引用:川口一晃オフィシャルサイト コレモナニカノ円「プロフィール

川口一晃さんの実績は

調べてみましたが、具体的なトレードの実績については、見つけることができませんでした。

川口一晃さんの投資スタイルは

川口さんの専門分野は為替(FX)です。

分析ツールの中で、特に重要視しているのが「ペンタゴンチャート」という分析ツールです。
ペンタゴンチャートとは、正五角形(ペンタゴン)をチャートの上に重ねることで、上値や下値の分析やそれぞれの銘柄の変化日を分析できるツールとのこと。

このペンタゴンチャートは、FXのみならず株や仮想通貨にも適用できるといいます。
1992年に初めてペンタゴンチャートに出会って以来、現在に至るまで分析・研究を続けており、ペンタゴンチャートに関する著書も多く出版されています。

行動経済学学会会員でもある川口さん。
投資やお金で失敗するのは、自分の心を知らないからと、人が儲け損なう心理を分析。
その心理を逆手にとってお金に好かれる為の本も出版したりしています。

著書のほかにSNSやブログ、TVやラジオなどメディアへの露出も多い川口さん
各媒体での発言などをチェックしても、投資に対しての考え方を知ることができると思います。

川口一晃さんの著書(本)など

川口一晃さんに関連して調べられているワード

川口一晃 NACK5(ナックファイブ)

川口一晃さんは、NACK5で毎週月曜日から木曜日に放送されている「Good Luck!Morning!」の中で「お金の世界の歩き方」というコーナーでパーソナリティをつとめています。

川口一晃さんの評判・口コミ

「川口一晃 口コミ」で検索するとアフェリサイトっぽいのがヒットするので、ここは公平にレビューが掲載されているAmazonで川口さんの著書に関するレビューをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

個人投資家
個人投資家

このチャートを使いこなすためには経験とセンスが必要だと思います。

エリオット波動も、センスと経験のアートだといいますし。

しかし、過去一辺倒のチャート世界で予測ができるかもしれないので、使いこなせたら百人力だと思います。

ただ、この本だけでは無理なのでは?さわりを公開してくれるのはいいのですが、最初の部屋の一枚目の扉を開けてくれただけではないでしょうか。

奥が深いといえば魅力的ですが、一目均衡にしろ、柴田罫線にせよ、ペンタゴンチャートにしても本だけで使いこなせると思ってはいけないのだ、ということを教えてくれます。

しっかり勉強して経験を積まないと使えないものなのでしょう。

ペンタゴンチャートの基礎を知ろうと思う人はあえて買っても良い。
ただ、カブドットコムのHP上で見ることが可能な説明VTRと書いてあることはほぼ同じ。
一度見てる人は“なんか聞いた事あるな”と思うのでは!?
チャート自体は簡素で理解し易く、
ロウソクチャートが活用できている人なら十分に使いこなせるツールだと思う。
ペンタゴンチャートの奥義(?)が掲載されているので、もし川口氏の云う奥義が知りたいのなら即買いの一冊!

株の世界でも有名な著者の本ということで手にとりました。
著者の代名詞といえるペンタゴンチャートの名前は何度も雑誌などで聞いていましたが、
その仕組みや使い方が基礎からわかる仕組みになっていて非常参考になりました。
ペンタゴンチャートの五角形がフィボナッチ数列を内包している点、
単純に値幅だけでなく、横軸=時間軸でも同数列をチャートにはめることで
より的確に為替レートの値動きを予測できる点は「なるほど!」と思いました。
一目均衡表の雲やフィボナッチリトレースメント、トレンドライン、チャートパターンなどより、為替レートの次を読むという意味では五角形と星印のペンタゴンのほうが
威力がありそうです。

本を読む前はペンタゴンっておもしろそうだけど、実際にそれをチャートソフトに
描画するツールなんてないし、と思っていましたが、
FX会社のツールでペンタゴンを描画できるものがあることを知ってびっくり。
本書では、最初のペンタゴンをどう作るかの説明もかなり
詳しく書かれていて参考になります。
実際にツールを使って活用してみるつもりです。
ペンタゴンの初心者本としては最適だと思います。

関連項目

グローバルリンクアドバイザーズ
グローバルリンクアドバイザーズとはどういった投資顧問会社なのでしょうか?サービスや料金、サイトの見やすさ、推奨銘柄の実績などをまとめました。管理人が実際にサイトを利用して、嘘やステマなく公正・中立に評価しました。

コメント