【NEW】 企業情報徐々に追加しております

【3563】スシローグローバルホールディングス

コード3563
名称スシローグローバルホールディングス
市場東証1部
業種小売業
特色回転ずし業界首位。09年非上場となったが17年3月再上場。元気寿司と経営統合に向け協議は中止に
代表者水留 浩一
設立2015年3月31日
上場2017年3月30日
決算9月末日
単元株数100株
URLhttps://www.sushiroglobalholdings.com/
ニュース回転寿司チェーン最大手、あきんどスシローが経営するスシローが突如戦略を転換。東京都心部の山手線沿線に重点的に出店する計画を発表したことが、大きな波紋を呼んでいる。

これまで、4大寿司チェーンのスシロー、くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司は、いずれも家賃の安いロードサイドに駐車場付きの大型店を出してきた。回転レーンと寿司ロボットを活用した効率性の高さと、スケールメリットによる有利な仕入れで、基本「1皿2個のにぎり寿司が100円」という低価格を実現してきた。

ところが、スシローは郊外への出店を継続しつつ、都心部の駅前にも出店を加速するというのだ。

現状、東京の都心部は、職人が握る回らない寿司が主体の喜代村「すしざんまい」、立ち食いのにっぱん「魚がし日本一」、値段の違いで皿の色が変わるグルメ回転寿司のサカイ総業「廻る元祖寿司」といったように、数店から数十店の中小チェーンが駅前繁華街に共存する状態にある。しかし、スシローが本格的に進出するとなると、他のライバル3チェーンも負けじと出店してくる事態も想定され、都内の業界地図が数年のうちに塗り替わる可能性も出てきた。

出所:ITmedia ビジネスオンライン (全文読めます)

コメント