企業情報随時追加、更新しています

株の学校123

2.5
株の学校123株の学校
株の学校123
株式
株の学校金商あり

株の学校123は創設者の泉氏が開発した「123理論」を伝えるために開講した株の学校です。
サイト名株の学校123
URLhttps://123kabu.jp/
会社名株式会社トレードイノベーション
所在地東京都江東区永代2-36-15
責任者泉幹
TEL0120-104-451
金商関東財務局長(金商)第2423号

更新情報 寸評、講師紹介などを更新しました (2020年5月14日)

投資顧問サイト検証ナビ管理人
投資顧問サイト検証ナビ管理人

株の学校123は2005年に創設された株の学校です。
「123理論」という創設者の泉氏が生み出した負けにくいトレード手法を基に講義するというもの。
どんな学校なのでしょうか?
講義内容や無料サービスを検証、口コミなどを調べてみました。

株の学校123の無料サービス

株の学校123では、いくつか無料で体験できるサービスがあります。
その中でオンラインで受けられる無料サービスは「オンライン説明会」のみ。
その他の体験講座は実際に会場まで足を運ばなければいけないみたいです。

オンライン説明会

オンライン説明会を受講するには、公式ウェブサイトから申し込みをする必要があります。
お申し込みフォームに名前、メールアドレス、電話番号などを入力。

なおこの説明会を受講する場合、メールアドレス宛にセミナーのご案内やメルマガが届くとのこと。宣伝メールを煩わしいと感じている人は、メインで使用しているアドレスでの登録は避けるべきでしょう。

申し込み後に説明会専用のURLとログインIDとパスワードが送られてきました。
また特典として、スターターキットとして解説動画が15本。
そして代表の泉さんの著書「株をGAMEにする3つの仕組み」の電子書籍の閲覧が可能となりました。

著書は後ほどじっくり読むとして、解説動画は証券会社選びや買い注文の入れ方など、まさにこれから株を始めようとする人向けのコンテンツとなっていました。
既にトレードを始めている人にとっては、言わずもがなの内容だと思いますが、全くの初心者には役立つ動画となるでしょう。

オンライン説明会では、123理論を習得した講師の解説を聴くことが出来ます。
こちらも後ほど検証して追記していきたいと思います。

利益のカラクリ体験講座

テクニカルチャートに線を引くだけで株式投資を簡単にする点と線の法則。
会場で体験可能な講座です。

トレードステーションエントリーライン体験講座

2000銘柄を約90秒でスキャン。
会場で体験可能な講座です。

株の学校123の有料サービス

オンラインコース(投資助言あり)

  • ベーシックコース
    全5回の質問会+授業動画(助言期間3か月間)+STS2か月間
    248,000円(税込み)
  • マスターコース
    助言期間3か月間+STS1か月間
    685,000円(税込み)
  • STS
    メインコンテンツ(毎日配信)+質問回答+特別コンテンツ
    月額10,000円(税込み)

通学コース(投資助言なし)

  • ベーシック講座
    受講期間計6か月=授業&コンサル2回+質問無制限4か月
    165,000円(税込み)
  • マスターコース
    学ぶ事は「空売り」目線で相場を見る事がベースになります。
    受講期間計6か月=授業&コンサル2回+質問無制限4か月
    666,000円(税込み)

その他コース(投資助言なし)

  • 泉式空売り塾
    株の空売りの技術を伝授することに特化した塾
    198,000円(税込み)

代表者(講師)のプロフィール

  • 代表者:泉幹氏

1970年生まれ。 O型
福岡県福岡市出身。
福岡大学法学部卒。

大学卒業後、外資系外食産業に就職し、経営を学ぶ。
2004年に退社。株式トレード手法を確立し、
2005年に日本投資技術協会を立ち上げる。

スクール設立後は、数多くの個人投資家を育成。
株の学校123の生徒からプロトレーダーを選出し、
個人投資家グループとして各地にスクールを開校、
2007年から本格的な外部講師によるスクール事業展開をする。

引用:公式サイト内「講師紹介

その他公式サイトに名前が挙げられている3名の講師は、いずれも株の学校123の受講生となっています。

株の学校123に関連して調べられているワード

株の学校123鉄のルール

株の学校123では鉄のルールとして、株価が上向き方向線を抜けたら買い、方向線を割り込んだら売りという鉄のルールを設けています。

鉄のルールについては動画でも解説しています。

【株の学校123】株式投資における鉄のルール!

株の学校123 悲惨

非常に変わった掛け合わせワードといえます。
ネガティブな印象も受けてしまいますが、いったいなぜこの掛け合わせワードで検索されてしまうのでしょうか?

実際に調べてみると、大きく分けて2つの検索結果が表示されます。
ひとつは株の学校123には悲惨な口コミしかない。
もうひとつは株の学校123を利用している個人投資家がかつて経験した悲惨なトレード体験。

前者に関しては信頼できない口コミサイトの嫌がらせです。
わずか数社の投資顧問サイトにユーザーを誘導するために作成されたヤラセサイトが同業他社を誹謗中傷、株の学校123の文字通り悲惨な口コミを自演で投稿しているのです。

「株の学校123 悪評」というワードでも、良く検索されてしまうのも、同じくこの悪徳業者が作成した口コミサイトがもたらした二次災害です。

投資顧問口コミサイトについて
「投資顧問の口コミサイトって信頼できない」そんな声を多く聞きます。この記事では投資顧問口コミサイトを公平な目から評価してみたいと思います

株の学校123 マイページ

株の学校123のマイページには、ログインIDとパスワードが必要になります。
ページをブックマークすれば、すぐにアクセスできるのに、わざわざこのワードで検索されてしまうのは不思議ではあります。

株の学校123 大場 現在

株の学校123にはかつて大場隆史さんという講師が在籍していたようです。
公式サイトからは名前が消えているので、既に辞めているのだと思われます。

本人のものと思われるFacebookアカウントを発見しましたが、更新されておらず、残念ながら現在の動向は不明です。

株の学校123 方向線

株の学校123では、買いと売りのサインとして方向線を使うとしています。
シンプルに方向線を下から上に抜けたら買い、上から下に割り込んだら売りと非常に分かりやすいです。

方向線の中でも重視しているのが、75日線とのこと。
この方向線というのは移動平均線のことで、株の学校123では、そう呼ぶとのことです。

株の学校123に対しての口コミ

個人投資家
個人投資家

株の初心者で、テクニカルに興味持ってる人には分かりやすい動画解説でいいと思う。
引用:「急騰カブ情報局

株の学校123はサイトだけみるとしっかりとトレード技術を勉強できそうな感じではあるけどネットの評判は最悪ですよね。
スクール系はどこもこうなのでしょうか。
引用:「株コミ

講師のレベル差が大きすぎる。
教える内容は非常にシンプルで分かりやすいテクニカル分析。必要以上に知識を教えないので、誰にでも理解できる内容で非常に良い。
ただ、あまりにもファンダメンタル分析を無視しすぎるため、アベノミクス相場では全くといって良いほど利益が取れない。上昇相場でも、空売り目線のため、踏み上げられることが多い。
仕掛け→損切り、仕掛け→損切りを繰り返すため、損失幅は小さくとも、重なると大きな損失になっている。
銘柄推奨サービスを「売り」にしているにもかかわらず、その損益はマイナスになっている。
広告方法も、胡散臭い。
以前入会した人と最近入会した人では、費用が異なってきており、経営陣、講師陣のお小遣い稼ぎにこの学校が利用されている模様。
多くを期待せず、テクニカル分析の一部を学ぶと割り切れば、非常に良い株学校。
引用:「投資顧問比較ナビ

株の学校123に対してよくある質問

個人投資家
個人投資家

初心者は、まずは独学の方が良いですか?

投資顧問
投資顧問

初心者は、まだ変な癖がついていないうちに、「個人投資家のための投資法」を
身につけることをおすすめします。
この点について、詳しくは体験セミナーでお話しています。

自分にも出来るようになりますか?

投資顧問
投資顧問

株はセンスではなく、技術と場数です。
しっかり勉強すれば、勉強した分だけ出来るようになります。

経済情勢が変化したらどうなるの?

投資顧問
投資顧問

上げ相場と下げ相場で、それぞれに最適な戦い方があります。特に、下げ相場では、空売りが強力です。
123は、日本で数少ない、空売りを教えている株の学校です(マスターコース)。

全くの素人でも、丁寧に教えて貰えますか?

投資顧問
投資顧問

123では、口座の開き方から丁寧に教えています。初心者の方が敬遠しがちな難しい専門用語も、
授業できちんと説明しています。

株の学校123の公式ブログ、SNSなど

株の学校123の口コミ掲示板

株の学校123に対しての管理人の寸評

株の学校123総合評価

サイト名通り投資顧問会社というよりも、株式取引のノウハウを教えるスクール
その理念は数多くの強い個人投資家を育成すること。

その理念を実現するため、株の学校123が提案するのは、代表の泉氏が見出したという「123理論」
シンプルで再現性のある理論で、この理論を元にすれば株が上がる瞬間と下がる瞬間を見抜けるようになる技術が身につくとのことです。

講師は全員株の学校123の元生徒とのこと。
「キャリアがない人が講師になって大丈夫なの?」
そんな心配をしてしまいそうになりますが、講師になるには厳しいテストとトレーニングがあるとのこと。

気になるのは創設者の泉さんが開発したという「123理論」
ヒントは泉さんの著書にあるような気がしました。
2009年に出版されている「初心者ほど儲かる!図解版 株をGAMEにする3つの仕組み
その著者では初心者でも株で成功できる3つの仕組みとして以下のことを提唱しています。

  1. 方向線が上向きのとき、株価は上に膨らむ
  2. 株価の方向線上抜けで買う
  3. 株価の方向線下抜けで売る

方向線とは移動平均線(75日線)を意味しているのでしょう。
もちろんこの漠然とした説明だけでトレードするのは危険です。
「123理論」をしっかりと理解したうえで、自分自身で理解し検証したうえでトレードすべきです。

「123理論」その全貌は、実際に有料講座を受講してから、明かされるということになるのでしょう。
興味のある人は、まずは無料のオンライン説明会を申し込んだり、公式Youtubeチャンネルにも多くの動画が公開されているので、そちらをチェックして自分に見合った投資スクールなのかを判断すべきでしょう。

投資助言はどのように行われるのでしょうか?
他の投資顧問が行っているサービスのようにロスカットや目標株価なども提示されるのでしょうか?
不明点が多かったので、サイト側に直接問い合わせをしてみましたが、残念ながら回答は返ってきませんでした。

しかしながら、投資助言を行っている投資スクールというのは、珍しいので個人的には着目していきたいと思っています。

コメント