【NEW】 企業情報徐々に追加しております

水上紀行

水上紀行 アナリスト

水上紀行さんの肩書は

水上紀行さんの経歴(プロフィール)・現在の活動は

1978年三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)に入行。
1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。

東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かす。
1995年より在日外銀に於いて為替ディーラー及び外国為替部長として要職を経て、現在、外国為替ストラテジストとして広く活躍中。
バーニャ マーケット フォーカスト代表。

引用:水上紀行のFXマーケットフォーカスト

水上紀行さんの実績は

調べてみましたが、実績については分かりませんでした。

しかしプロフィールにもあるように、かつては「三和の水上」と言えば東京市場で知らないものはいない程、スポット市場、フォワード市場でも有名で、マーケットを動かすような大きなトレードを毎日のように行っていたとのことです。

水上紀行さんの投資スタイルは

水上紀行さんは外国為替ストラテジストです。

かつてインタビューの中で、ディーリングでは、相場の本質というものに最も重点を置いていると語っています。

要は現在の相場がトレンド相場なのかレンジ相場なのかということに着目。
単に投機筋が売ったり買ったりして相場が動いていないかということの見極めも大切だとも。

一度発生したら当分の間ずっと一方向に流れるトレンド相場にはふたつの理由があるとのこと。
一つ目は投資妙味、もう一つは逃避行動。
言い換えれば、投資家が投資妙味を感じるかリスクを感じるかで、大きな資本移動が生じ、それが長期間のトレンド相場の形成につながるのだとしています。

元来はテクニカル派であった水上氏。
しかしテクニカルだけでは説明がつかない場合が相場ではあると気づいてからは、バランスよく総合的に見ることが一番大事だと思うようになったとのこと。

メンタル面では固執しないことが大切。
相場は1回限りではないのだから、熱くなりすぎずに、損切って損失が出たとしても「一回冷静になってまたやり直せばいい」といいます。

そして経験したことは忘れないようにすべきとも。
負けたときの情景やストーリーを忘れてしまうと、同じことを繰り返してしまう。
経験を積み重ねて自身も学んでいったとのことです。

FXで勝ち続ける人は、自分で考え、根拠を持って取引する人だとしてます。
自分の経験や知識を活かした「自分ルール」で取引すべきだということなのでしょう。

水上紀行さんの著書(本)など

関連項目

グローバルリンクアドバイザーズ
グローバルリンクアドバイザーズとはどういった投資顧問会社なのでしょうか?サービスや料金、サイトの見やすさ、推奨銘柄の実績などをまとめました。管理人が実際にサイトを利用して、嘘やステマなく公正・中立に評価しました。
ワカバヤシFXアソシエイツ
ワカバヤシFXアソシエイツとはどういった投資顧問なのでしょうか?サービスや料金、サイトの見やすさ、推奨銘柄の実績などをまとめました。管理人が実際にサイトを利用して、嘘やステマなく公正・中立に評価しました。

コメント