【NEW】 企業情報徐々に追加しております

中原圭介

中原圭介アナリスト

中原圭介さんの肩書は

  • 経営コンサルタント
  • 経済アナリスト
  • 研究機構研究員
  • ファイナンシャルプランナー

中原圭介さんの略歴・現在の活動は

1970年生まれ、茨城県土浦市出身。慶應義塾大学文学部卒業。元土浦市税務課職員。

経済評論家、ファイナンシャルプランナーとして『アセットベストパートナーズ』に在籍。

新聞・雑誌やラジオ、著書などで資産運用の専門家として活動を展開している。

本人のブログ『中原圭介の資産運用塾』は単行本化して一旦終了。続編として『中原圭介の資産運用塾〜NEW〜』が更新されていた。

引用:ウィキペディア「中原圭介

中原圭介さんの実績は

中原圭介さんの実績について調べてみましたが、株式市場全般に対しての見通しを述べることは多いのですが、現在では個別銘柄について言及することは少ないようです

Yahooファイナンス「投資の達人」においても、株予想を行わずコラムを寄稿するにとどまっています。

中原圭介さんの投資スタイルは

東洋経済オンラインに連載しているコラムのタイトルは、中原圭介の「未来予想図」
著書にも経済の未来予測に関するタイトルが多く、経済や金融の大きな流れを重視しながら、未来を予測するというスタンスを取っている

中原圭介さんの書籍(著書)は?

中原圭介さんに関連して調べられているワード

中原圭介 ai

中原圭介さんはコラムなどの中で、AI(人工知能)が人間の仕事のシェアを代替するようになる未来にどんなことが起こりうるのか?また我々は来るべきAI中心となる社会に対して、どのように準備すべきなのかを説いています

2018年に出版された著書のタイトルは「AI×人口減少」来るべき未来の問題点について言及しています

中原圭介 日本の国難

2018年に「日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業」という新書を出版しています
本の内容を抜粋すると下記のようになっています

第1章 世界金融危機「再来」の可能性―いつはじけてもおかしくない「借金バブル」
第2章 日本経済を蝕む最大の病―30年間放置されていた「深刻で静かなる危機」
第3章 2020年以後の日本の雇用―イノベーションと生産性向上が失業者を増やす
第4章 2020年以後の日本の企業―トヨタが「東芝化」する可能性
第5章 2020年以後の日本の賃金―増税・ドル円相場・原油価格から考える
第6章 生き残る自治体と転げ落ちる自治体―少子化対策と地方創生をどうするか

引用:amazon「日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業

中原圭介 東洋経済

東洋経済オンラインに「中原圭介の未来予想図」という記事を不定期で連載しています
国際経済から企業経営まで幅広い経済事象を取り上げています

中原圭介 中国

世界経済について言及することの多い中原さん
当然のことながら中国という国に関して述べる機会も多くあります

最近では中国の債務バブルの崩壊についてその可能性があるとしています
その理由はBIS(国際決済銀行)が公表している統計で、中国の合計債務(公的債務+民間債務)の対GDP比で2018年3月末時点で261%まで上昇していることをあげています

その事態に備えて、現金比率を高めておくことが重要ともしています

中原圭介 レポート

中原圭介さんが在籍している経営・金融のコンサルティング会社『アセットベストパートナーズ株式会社』では経済展望レポートを有料で発行しています

レポートの構成は、主に「経済の分析・予測」「市場の分析・予測」「投資戦略の構築」の3点
月2回のレポート+月8回程度の情報で年間購読料は32,400円(税込み)とのこと

関連リンク

コメント