【NEW】 企業情報徐々に追加しております

OFFICE REI

OFFICE REI ネット会員
OFFICE REI
金商あり
ネット会員
24時間365日、いつでもあなたの頼りになる投資のパートナー
それが、OFFICE REIです。
サイト名OFFICE REI
URLhttp://www.gcams.co.jp/
会社名株式会社 ゴールデンチャート・エー・エム・エス
所在地神奈川県南足柄市広町371
責任者盛田祐代
TEL0465-73-4601
金商関東財務局長(金商)第721号(失効?)

OFFICE REIの無料サービス

  • 資産運用レッスン(サイト内コンテンツ)

OFFICE REIの有料会員向けサービス

ネットコース

  1. 銘柄助言
    短期、中長期、順張り、逆張りなど、投資スタンス別に、買い銘柄・売り銘柄をご紹介します。
  2. 銘柄分析
    個別銘柄の株価の動きを分析することにお使いいただける機能です。
    銘柄を選択し、分析を行うと、今後の株価の動きを分析することができます。
    他にも、似た動き、反対の動きをチェックすることに参考になる「株価連動性リスト」などもご用意しています。
  3. ボルテックス早見表
    個別銘柄の動きや市場全体におけるポジションを1枚の表で確認することができる表です。
  4. 銘柄検索
    値動き、テクニカル、財務、信用取引という視点で検索したリストの一覧がご覧いただけます。
  5. My銘柄
    「My銘柄ポートフォリオ」では、お好みの銘柄をあらかじめ登録しておくだけで、今後の株価の予想を一覧でチェックすることができます。
  6. ニュース&レポート
    最新のニュース及びアナリストレポートをご覧いただくことができます。
  7. レイマガ
    忙しくてネットをチェックすることができない人向けにニュースをメールで配信するサービスです。料金:18.800円+税/1か月、107,000円+税/6か月、203,000円+税/年

最新の推奨実績

会員サイトにて公開

代表者(助言者)のプロフィール

  • 代表者:盛田 祐代氏

    プロフィールや経歴が確認できませんでした

OFFCE REIを実際に使ってみた

OFFICE REIは投資顧問サービスを謳っていますが、事実上はチャート分析ソフトを有料サービスで提供しているサイトと考えた方がいいです。

そのチャート分析ソフトを利用する為には、実際に契約を締結しなければいけないので、ここではOFFICE REIのウェブサイトを利用してみた感想を述べてみたいと思います。

OFFICE REIのウェブサイトにアクセスすると、左サイドバーにコンテンツバナーが5つ並んでいるのが目に入ります。

OFFICE REI コンテンツバナー

この中の最下部の「OFFICE REI 資産運用レッスン」が唯一の無料コンテンツ
全50回にわたる投資家向けの資産運用に関する情報が提供されており、株初心者などにとっては読んでおいても良いコンテンツかもしれません。

その他の「新規ご入会にあたり」「REIを使いこなせ」なども無料で閲覧可能となっていますが、有料コンテンツの紹介が主となっていますので、当サイトでは無料コンテンツ扱いしないとととしました。

特徴としてはどれもが動画での閲覧が可能となっているので、文字を読むのが面倒くさいという人にとっては利便性が高いかもしれません。
OFFICE REIコンテンツ
デメリットは、同じ有料サービスを紹介する動画なのにコンテンツが4つに分かれ、さらにそれぞれアップロードしている動画の数も多いので、どれを見ればよいのかが分かりづらい。

さらにいえばアップロードされた動画は、既に8年ほどが経過しており、更新がなされていない様子。
投資顧問業界でも日々新しいサービスが提供されている中、8年間全くサービス内容に変化はないのだろうか?と疑問を感じないわけではない。

OFFICE REIに対しての管理人の寸評

テクニカル分析に特化したソフトOFFICE REIが銘柄分析を行うというかなり特殊な投資顧問サービスです。
一切の感情を交えない為、冷静な判断が可能であるとのことですOFFICE REIを提供している株式会社 ゴールデンチャート・エー・エム・エスは、株式チャートサービスの老舗「ゴールデンチャート社」の関連会社とのことですから、チャート分析については一定の信頼性があるといってよいと思います。

 

メンタルのコントロールはトレードをするうえで重要だということは、常々言われていることではあります。
「いつかは騰がるはず」と損切りができなかったり、逆に「まだまだ騰がるはず」と利確のタイミングを逸してしまう経験は誰しも身に覚えがあるはずです。そういった側面を考慮すれば、一切をシステムに委ねてしまうという極端な考えもありなのかもしれません

 

心配なのは、関東財務局長(金商)第721号の表記が消えているという点。
以前は金商登録があったが、現在では取り消されているということだろうか?
長期間サイトの更新がないのも心配

サイトが久しぶりに更新、2019年8月の夏季休暇はないとのお知らせが表示されたことで、サイトが運営しているということだけは確認が取れました。

OFFICE REIと関連して調べられているワード

関連して調べられているワードがありません
検索されること自体が少ないワードということが考えられます

OFFICE REIの公式ブログ、SNSなど

探しましたが見当たりませんでした

OFFICE REIの口コミ掲示板

探しましたが、見当たりませんでした

管理人よりOFFICE REIのまとめ

投資顧問サイト検証ナビ管理人
投資顧問サイト検証ナビ管理人

OFFICE REIは投資顧問というよりは、株式チャート分析ソフトを有料で提供している会社というイメージでとらえた方が良いでしょう。
チャートソフトは有料契約を結ばないと利用できないので、サイト内の動画などをしっかりチェックしてから契約を結ぶようにしましょう。

コメント