【NEW】 企業情報徐々に追加しております

田代昌之

田代昌行 アナリスト

田代昌之さんの肩書は

  • 株式会社フィスコデジタルアセットグループ 代表取締役
  • IFTA国際検定テクニカルアナリスト
  • 株式会社フィスコ コンプライアンス部長

田代昌之さんの経歴・現在の活動は

北海道出身。中央大学文学部史学科日本史学科卒業。
新光証券(現みずほ証券)、シティバンクなどを経てフィスコに入社。
先物・オプション、現物株、全体相場や指数の動向を分析し、クイック、ブルームバーグなど各ベンダーへの情報提供のほか、YAHOOファイナンスなどへのコメント提供を経験。
経済誌への寄稿も多数。
好きな言葉は「政策と需給」。
ボラティリティに関する論文でIFTA国際検定テクニカルアナリスト3次資格(MFTA)を取得。
18年にコンプライアンス部長に就任。
フィスコグループで仮想通貨事業を手掛ける株式会社フィスコデジタルアセットグループの代表取締役も務める。

引用:ラジオNIKKEI パーソナリティ

*注株式会社フィスコデジタルアセットグループの公式サイトを確認すると、代表取締役は八木隆二さんとなっており、田代昌之さんは取締役として名を連ねています。

田代昌之さんの実績は

フィスコマーケットマスターズでの勝率は
 勝率:52.7% 117勝105敗2分
(2019年2月25日現在)
フィスコマーケットマスターズは、2019年2月末をもってサービスをしています。

田代昌之さんの投資スタイルは

テクニカルを重視して業績悪化など悪材料で急落となった銘柄の下値メドを探り短期リバウンドを狙う。バスケット観測や先物の売買などを材料に主に225採用銘柄などの動向をチェック。投資期間としては1日から2日で上昇が期待される銘柄を選定する。

引用:フィスコマーケットマスターズ アナリストプロフィール

田代昌之さんの著書は

田代昌之さんに関連して調べられているワード

田代昌之 ビットコイン

田代昌之さんは、株式会社フィスコデジタルアセットグループの代表を務めています。
株式会社フィスコデジタルアセットグループとは、フィスコ仮想通貨取引所を傘下に保有する持株会社です。

ゆえに田代さんはビットコインをはじめとする仮想通貨の専門家でもあります
ビットコインに関する著書も多数出版、All Aboutでもビットコインに関する記事を寄稿しています

自身の使命というか役割は「仮想通貨の面白さやリスク、将来性などを分かりやすく説明すること」としてます
専門用語も多い仮想通貨ですので、その辺を課題としているとも述べておられます

田代昌之 東洋経済オンライン

田代昌之さんは、東洋経済オンラインに記事を執筆しています
こちらもやはり仮想通貨に関するものが多くなっています

田代昌之のツイッターアカウントはある?

田代正幸さん個人のアカウントは見つけることができませんでした
所属する株式会社フィスコは公式アカウントを持っています

関連リンク

フィスコマーケットマスターズ
フィスコマーケットマスターズとはどういった投資顧問なのでしょうか?サービスや料金、サイトの見やすさ、推奨銘柄の実績などをまとめました。管理人が実際にサイトを利用して、嘘やステマなく公正・中立に評価しました

コメント