アナリスト一覧ページ作成しました。アナリストは随時追加していきます

投資顧問が行う助言とは

投資助言する会社員 コラム
投資顧問サイトを見ると「助言」という言葉が目につきます
日常的には頻繁に使用することの少ない言葉なので、どういう意味なのかが気になります
投資顧問を利用する際には、知っておくべき言葉なので、この記事で詳しく解説していきたいと思います

投資顧問が行う助言って

投資助言するスタッフ

投資顧問業者と顧客が投資顧問契約を結ぶと、有価証券または金融商品の投資判断について、助言を受けることができます
ちょっと難しいので噛み砕いて説明すると、助言とは投資に関してのアドバイスだと思ってください
具体的にいうと「この銘柄が騰がりそうですよ」とか「保有している銘柄についての相談に答えたりすること」です

投資助言業者とは

投資助言業者

少し専門的な言葉となりますが、投資助言業者という言葉を耳にしたことがあるかもしれません
これはどういった意味なのでしょうか?

投資助言業者とは、顧客との間に投資助言契約を結び、投資助言業(金融商品取引法第2条第8項第11号)を営む業者のことです
助言専業で行っている業者は、提供可能な業務は顧客への投資のアドバイスに限定されています
運用代行が認められていない為、金融商品の売買の判断は投資家自身で行うこととなります

助言で購入した銘柄に損失が発生したら

お金を投資するイメージ

投資顧問会社の助言に基づいて購入した銘柄に損失が発生したら
その責任は投資顧問会社にはありません
助言に基づいて売買を判断するのは投資家自身で、その損失リスクも込みで売買判断すべきとされているからです

投資顧問からの助言を得ることによるメリット

契約締結のイメージ

まずは大前提として良い投資顧問会社を選ぶことです
優良投資顧問会社を活用するという前提で、助言を得ることによる(売却益以外の)メリットをあげていきましょう

投資顧問サイトの選び方
 { "@context": "", "@type": "WebSite", "url": "", "potentialAction": { "@type": "SearchAction", ...
投資顧問会社からの助言を得ることによるメリット

1.自身の投資スキル(知識)が向上する
投資顧問会社のアナリストはいわば投資のプロです
その投資のプロから見た推奨銘柄の分析などを聞けることは、貴方の投資スキルを向上させ、継続することで自身で銘柄を選定できる技術も身につくことにつながっていくことでしょう

2.時間の節約になる
日中仕事しているビジネスマンなどは、多忙ゆえに銘柄を選定する為の時間を割くことができないと思います
投資顧問会社は一般投資家では得ることが困難な旬な情報をタイムリーに配信してくれます
これこそが相場に精通して市場や個別銘柄の分析を専業としているからこそ得られる有益な情報なのです

3.精神的に安心感を得れる
投資はメンタルとの戦いとも言われます
日々自分の大切な資金が増減していくのですから、特に含み損を抱えているときには気が気ではありません
そんな時に相談できる相手がいるというだけでも精神的な安定感を得ることができます
その相談相手が投資のプロということであれば、さらに心強いですよね

コメント