【NEW】 企業情報徐々に追加しております

陳満咲杜(ちんまさと)

陳満咲杜アナリスト

陳満咲杜(ちんまさと)さんの肩書は

陳満咲杜(ちんまさと)さんの経歴(プロフィール)・現在の活動は

中国・上海生まれ。

1992年来日、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。
生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。

大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期(1998年)のFX業界へ。
香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーやアナリストとしての経験を積む。

GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立(2008年~)、

現在はFXスクールジャパン株式会社CEOを務める。
2009年から主にメルマガ「ブルベアFX通信」、コラム「ザイFX!」の執筆を通じてアナリシスを提供して来た。

セミナー・講演のほか、テレビ(CCTV)、ラジオ(ラジオ日経)等メディア活動も行う。日本テクニカルアナリスト協会鑑定アナリスト(CFTe)。

引用:amazon「陳満咲杜 プロフィール

陳満咲杜(ちんまさと)さんの実績は

FX会社の専属アナリストだった頃に、独特のサイクル論から、全面的な円高の到来を事前に予期。配信したシグナルが月3000ポイントの高リターンを実現したこともあるとのこと。

予測がズバリ的中した例をあげると、2008年11月ザイFXのインタビューで「ドル/円は2010~2011年に72~74円へ」と語っていました。
その予測通りに、2011年10月31日、ドル/円が75.57というドル/円の最安値を更新。
日銀の介入がなければ、74円台にタッチしていただろうと言われています。

また同じくザイFXに寄稿しているコラム「陳満咲杜のマーケットをズバリ裏読み」では、アベノミクス構造が発表される前に長期円安時代の到来を予測しています。

陳満咲杜(ちんまさと)さんの投資スタイルは

陳満咲杜(ちんまさと)さんはFXトレーダーです。

相場に勝つためには、理論と実践を融合し、高度な戦略と確かな戦術で一歩先を行く必要があると語ります。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を盛り込んでトレード戦略を練ります
テクニカルでは、個人投資家には欠かせないツールとして「GMMAチャート」をあげています

GMMAチャートは6本ずつの移動平均線(EMA)で長期の投資家を鯨、短期の投機家を鰯にたとえ、6パターンのトレンドフォローの売買シグナルを視覚的に示すことができるテクニカルチャートです。

GMMAチャートにローソク足チャートが発するメッセージを読み取る技法(プライスアクション)を組み合わせるのが、最強の分析方法とのこと

具体的な方法についてはスペースの関係で割愛しますが、陳氏のコラムや著書などを読めば詳細に説明してあります。

陳満咲杜(ちんまさと)さんの著書(本)など

関連項目

グローバルリンクアドバイザーズ
グローバルリンクアドバイザーズとはどういった投資顧問会社なのでしょうか?サービスや料金、サイトの見やすさ、推奨銘柄の実績などをまとめました。管理人が実際にサイトを利用して、嘘やステマなく公正・中立に評価しました。

コメント